事業・サービス内容

PC版
福岡市南区の登記、法律の専門
渡邊司法書士事務所
個人的な法律問題から企業のトラブル、死後のためのペットの行く末まで幅広く取り扱っております。
土日祝日もご相談ご依頼受け付けております
夜間もご予約いただければご相談、ご依頼に応じます
お電話・メールにてご予約下さい

原状回復・簡易裁判所訴訟代理

 
 マンション・アパートの退去時の原状回復の請求について
 最近マンション・アパートを退去したあと原状回復費用の請求として多額の費用負担を請求されるケースが見られます。

原状回復
 
上記のような場合、専門家が出て交渉をするとかなりの減額をすることが多いのです。賃借り人の無知に付け込み、本来賃貸人が負担すべき原状回復費用を賃借り人に出させるケースとか、必要のない原状回復、単価を高くした請求などです。
 
必要なことは立ち退き時に引っ越し後の各部屋の写真を撮っておくこと、引っ越し前に専門家に相談をし、引っ越し時に管理会社とともに立ち会わせておくことで、管理会社も警戒し、多額の原状回復費用の請求を抑えてくるケースも多々あります。
 
また、その後の請求交渉も簡単に減額できるケースが多いのです。
 
原状回復費用請求に関しては、是非お近くの司法書士をご依頼ください。

簡易裁判所訴訟代理等
 
また、一定の資格を得た司法書士は140万円以下の簡易裁判所の民事事件の代理人資格があります。
 
当事務所ではその認定資格がございますので、訴額(争う金額)が140万円以下の簡易裁判所での訴訟代理も可能です。貸金返還、賃貸借問題(特に立ち退き事件)、損害賠償事件等金額は少ないが、抱える悩みは多額事件と同じです。当事務所では、このような少額での訴訟に、低額で使いやすい訴訟代理を行います。悩まずにご相談下さい。

 
上記の依頼内容により、どのような方法を取るかは、お客様とご相談の上より適切な方法で解決して行きます。
 

遺産相続・遺言・死後にペットのために出来ること

遺産分割や遺言書作成(作成援助、公正証書遺言)、相続登記、遺言執行などを行います。
 
死後の財産を分与する方法として遺言書は知られていますが、では、認知症、身体が思うように動かなくなった場合などはどうでしょう?
 
認知症対策として、任意後見契約が、身体が思うように動かなくなった場合に財産管理等の委任契約、延命治療を拒否するための尊厳死宣言書などがあれば、ご本人、ご家族にも優しい対策になります。

ペットのための司法書士
 また、ご自分の死後残されたペットの行く末は
心配です。そのための方法はいくつもありますが、所詮は信頼できる、後を択せる人選が必要です。
 いくつもの選択肢の中からご依頼者様にとって一番安心できる方法を一緒に探しましょう。当事務所では、その信頼できる方のご紹介も致します。
 

企業法務・会社設立


 
 企業法務とは企業が行う活動や取引から発生する法的問題を扱う分野です。
 あらかじめ法的紛争の発生をできるだけ未然に予防し、法的紛争が発生してしまった場合には、その損害等を最小にするためにはどうしたらよいかを提言します

 
また、会社設立段階から株式会社の設立登記、最近注目されている合同会社の設立登記まで、ご依頼者様のニーズによって設立する会社のご説明、ご案内、組織態様をご提案し、定款作成時から援助させていただきます。
 
設立登記を格安にして、その分月々の顧問料、役員名目での費用を頂くことはありません。

HOMEお問い合わせ
個人情報の取り扱いについて

Copyright (c) 2020 watanabe-office.org
All Rights Reserved.